読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

virgo catの小説倉庫

virgo catが初の小説に挑戦!(前から書いてみたかった)

始まり ~羽河 幸助~

女々しい男と雄々しい女

この世界とは不思議なものである。

今だに人類では解明できないことがあったり、様々な生物がこの世にいるからだ。

また、いろいろな生物がいるため差別なども起こったりする。

なぜ、生物は争うのが好きなのか僕にはわからないが、たぶんこれは神様が与えた定めなのだと思う。つまりこの世界は「弱肉強食」ということだ。

「弱肉強食」の世界で何が1番強いか?体の大きい象?百獣の王ライオン?

僕が思うにこの世で1番強いのは「人間」だと思う。

え?なぜって?人間には他の動物にはない「賢い脳」があるからだ。

それをもってすればどんな動物だって操ることができる。

この脳を使って人間は驚くべきことをたくさん成し遂げてきた。

しかし、僕は1つ人間の少しおかしいと思う点がある。

それは、「男がすべて」という考え方だ。

どうゆうことかって?それではライオンを例に話そう。

 

百獣の王ライオンのオスはとても強そうに見える。まぁ、実際に強いのだが・・・。

しかし、オスのライオンは実際には狩りはしない。メスが団体で狩りをしているのだ。オスはそれを横取りする。

そう。偉いのはメスの方である。

それでは人間の場合はどうか?

日本は昔から「男が偉い」「女は下っ端」という考え方が染み付いてしまっている。

これはおかしい!自然界からすれば女性のほうが上なのに!

だが、この問題は現代ではもう解決されそうだ。

なぜかというと今は女のほうが精神的に強くなっている。

「時代は繰り返される」人間は卑弥呼様を王と認めていた元の状態に戻りつつある。

「十人十色」そうなると、どんな人がいてもいいのかもしれない。

最初の方に「いろんな種類がいるから差別が起こる」と話したが、今の世界だとどんな人がいてもおかしくない。なので差別などはするべきではない。

僕はそう思うのだ。